スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無知であるということ。あるいは知る前の状態

今週もやってまいりました兄の友人アワー!
パーソナリティは私、素潜りの達人こと兄の友人が務めさせていただきます!


ウソです


さてさて、前回のフリで集合だっけ・・・違う。集団と個人についての後編をやります!
と言ったような気がしますが、今日は気分が乗らないので全く違うテーマで更新いたします。
なにぶん気まぐれが信条の兄の友人としてはこれくらい朝飯前なのでございますが、
今回の更新を楽しみにしていた方もどうせいないだろうということで勝手にやります。やらせてもらいます。

で、今回のテーマ”無知であること、知る前の状態”というのは、
その”知ってしまった状態”から遡って、無知であること、知らなかった状態というのを語ります。
たとえば、我々は我々の常識とか価値観というものを持って普段生きているわけですが
それは生まれてから今までにおける自分で考えたことや周囲から学んだことなどの経験に基づくもので
これを”知らない”ことには、まあ普通はできないと思います。
しかしながら、私たちは”知らなかったこと”を”知った”瞬間というものを”知っている”わけです。
たとえば水しか知らない者が、水溜りを知り、池を知り、湖を知り、川を知り、海を知る、とそこには
それぞれの感動やら何やらが生まれるんじゃないだろうかと思います。
もっと簡単に言ってしまえば知らない土地に旅行に行くようなもんです。
けれど、人間というのは恐ろしいもので、常に新しい刺激に対して慣れることができるのですな。
旅行の話でいえば、その観光で行った地に住んでしまえば、新鮮味だとかありがたみなんていうものは
軽々と失われてしまうわけです。
似たような話だと、自分の地元にある観光地には人はあまり行かないというパターンがあるそうな。

話を戻して、知ってしまってからでは、どんなに楽しかったことでも再び同じように
楽しむことができない、というのが知識の欠点であるといえるのではないでしょうか。
無知を有知に、知らなかったことを知るということは知識を得た分だけ、何か新しいことを失う。
というのはとても恐ろしいことのように感じますね。
そうはいってもやはり我々は人である以上、知識を身につけて生きていかねばならないことは事実であります。

まあ今回こんなテーマを選んだのは、兄の友人である私が聞いたちょっとした切ない昔話と
いわゆる初恋の感動というのが関係・・・




してるわけないだろバーカ!!




知識を得るための勉強疲れから、現実逃避をしつつも頑張って記事を書き続ける兄の友人なのであった。~完~
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

兄の友人

Author:兄の友人
兄の友人こと私がくだらない話をするだけのブログ。
不定期更新なくせに、タイムリーなネタで無理矢理検索ヒットを狙うという、あざとい一面も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
トータル入場者
フリーエリア
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。