スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンプルかつエレガントに殴る

ねーねーおかーさーん。ボトルに詰めた時点でそれってもう天然水じゃなくね!?

兄の友人です。

たまには嘘ですと言わない生活を心がけてみようと、医者にも勧められたので今回は言いません。
今回のタイトル「シンプルかつエレガントに殴る」は神奈川県在住(18)の方から頂いたタイトルでございます。


嘘です


そういうわけで今日はなんと、あの集団と個人(わからない人は過去の記事を見てみよう!
ちなみに兄の友人もさっきまで忘れてたよ)の後編をやりたいと思います。
予告だけして完全に忘れていたなんてことはありません。べ、別にそういうわけじゃないんだからね!

さて、集団と個人の前半戦。ここでは主に集団と個人を定義し・・・・・・えーっと、その志向の変化がどうとかっていう話をしたんだと思います。たぶん。

で、まあそれがどうした、っていう話なのですが。
実は個人と集団の境界というのは非常に曖昧なものではないのでしょうか。
前回の話では個人が集団から欠ける、あるいは集団から個人が欠ける、といったパターンがどうとか言いましたが、ぶっちゃけ、個人も集団も常に”一つの個人”、”一つの集団”というわけではないのです。

どういうことかと言いますと、個人といっても、常に同じ顔をして同じ事を言うわけではないし、その個人が所属する集団だって一つだけではないよね?っていうことなんです。
具体的に言ってしまえば、家の中と外では違う顔をするし、学校にも行けば、部活だってやる。ってところですかね。
この場合の家の中と外は、親しい人との付き合い、社会的な付き合い、という風に頭の中で翻訳しておいてください。

しかしながら、個人は個人、集団は集団として一つ一つは別個の物として存在はしているわけです。
家の中と外で違う顔をするから別の個人ということにはならないし、学校のクラスと部活は違う集団です。
でも、非常に近しいものではある。つまりそこのところが曖昧なわけです。

あー、今回の話面白くないのでもうやめていいですか?
もう飽きた・・・じゃなくって論旨が定まってないし・・・。
言ってること矛盾はしてないけど支離滅裂ですよ?まあ続けますけど。

そう、イメージをするなら、個人というのは歪な形をした粘土です。見る方向によって全く違う形に見える粘土。そいつが、集まったり離れたりして集団を形成したり壊したり、ひいては社会とか世界とかそういうものになっているわけです。

どうでしょう。兄の友人としては全くこの話は納得できないのですが、皆さんもこの機会に集団と個人について身近な人と話して「あ、こいつウザイな」と思われてみてはいかがかしら。
今回は投げやりに終わらせました。次回の更新では「心太を食す」の続きでもやりたいと思います。

そんなわけで、兄と友人でした。あ、違った。兄の友人でした。

しーゆー


あー疲れた。。。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

兄の友人

Author:兄の友人
兄の友人こと私がくだらない話をするだけのブログ。
不定期更新なくせに、タイムリーなネタで無理矢理検索ヒットを狙うという、あざとい一面も。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
トータル入場者
フリーエリア
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。